ニュース

EVENT2018年11月07日

InterBEE 2018 出展 / デモンストレーション情報

TACSYSTEM

 

今年は、映像・放送関連機材部門 ホール7 に出展いたします(例年と出展ホールが変わります)。

新製品を多数揃え、皆さまのご来場お待ちしております。

 

ブースナンバー : 7410 (ホール7)

 

Avid S6/トライテック製品システム展示コーナー

新しいMacベースのDolby Mastering SuiteによるAVID S6+TACオリジナル「VMC-102」 モニタリング・コントローラーでのDolby Atmosステージを設備し、新しくグループに加わったトライテック製品とともにシステム展示デモを行います。また、Dolby Atmosミックス・セミナーおよび、開発者によるDolby Atmosに対応したThe Cargo Cultプラグインのデモンストレーションも行いますので、デモスケジュールをご確認ください。

 

22.2CHソリューションコーナー

22.2ch イマーシブオーディオ・ソリューションとして、32ch マルチチャンネルパワーアンプ「innosonix」やデジタルエフェクトプロセッサー「Eventide H9000」、24トラック・マルチチャンネル・レコーダー「Cymatic Audio uTrack24」、あらゆるモニタリング環境に対応するスタジオ・モニター・コントローラ「VMC-102」を用いて、プチ22.2CH再生環境を実体験していただけます。

 

ADDER KVMコーナー

「DDX」および「Infinity」を用いた最新のKVMマトリックスシステムをデモンストレーションにて体験いただけます。その他、4K対応製品情報や、「XDIP」「XD522」エクステンダー、多数展示しKVM関連のソリューションを展示します。

 

Decimator Designコーナー

マルチビューワーDMON-6S/DMON-16Sを展示、マルチビューの詳細設定、機能説明を行います。
DMON-QUAD、DMON-4S、DMON-12Sなど、直接製品を手に取って頂き、コネクター形状や、放熱性、カメラ機器とのマウント例についてご案内いたします。
MD-CROSS/MD-HXの映像出力方式の変更方法や、カラーパターンの出力例、入力可能信号の確認及び素材信号に左右されず、出力信号を固定する機能などをご紹介します。

 

Visonary Solutionコーナー

4K UHDをネットワーク伝送でき、さらにDante Audioに対応したコンパクトなエンコーダー/デコーダーによる伝送システムのデモンストレーションを行います。QSCのシステムとの連携によって映像とマルチチャンネル音声を伝送するシステムをご紹介いたします。

 

オーディオ機器コーナー

オーディオ関連機材として、「DirectOut Technologies」MADI関連製品、「Cymatic Audio24ch マルチトラックレコーダー」、「NTP /DAD 高品位 AD/DA オーディオインターフェイス」などを展示、Audio over IP(AES67/Ravenna /Dante)製品も多数展示いたします。
レコーディング関連機材としては、Millennia マイクプリアンプや、Burl Audio AD/DAコンバータ、Yellowtec マイク/モニター・マウントシステムなども展示いたします。

 

Sonnet Technologies・One Stop Systemsコーナーでは、映像系プロクリエイター・エディターのVFX、アニメーション、カラーコレクション、レンダリング、編集等の作業やVR開発者向けの外部Thunderbolt 3-PCIe拡張ソリューションとして、Sonnet Technologies「eGFX Breakaway Box」「Echo Express III-D」「Echo Express III-R」及びOne Stop Systems「ExpressBox 3T-V3」等を展示いたします。

 

GB Labsコーナー

GB Labs社FastNASシリーズ、及びその新製品「FastNAS F-8 Studio」を国内初展示。
隣接した株式会社アスクブース(ブース No. 7206)と高速ネットワークにて相互通信による「SPACEシリーズ」「Easy LTO」の実機デモも行います。

 

iZotopeデモンストレーションコーナー

新発売の「iZotope RX7」、「Nectar 3」等のデモンストレーションを行い、映像編集ソフト上での活用方法もご紹介いたします。

 

 

デモンストレーションスケジュール(予定)

■ 11月14日 スケジュール

  iZotope デモコーナー Dolby ATMOS コーナー
10:30 PremiereとRX7,ドローンのノイズ軽減  
11:00  

Dolby ATMOS ODS実作業におけるワークフロー/サラウンドミックスセミナー

11:30 RX7 ポスプロ:エンジニア編  
13:00   The Cargo Cult サラウンド デモ
13:30 NECTAR3:ポスプロ編  
14:00 RX7ポスプロ:サウンドデザイン編  
14:30 Ozone8,Neutron2 Mixマスタリング

 

15:00  

Dolby ATMOS ODS実作業におけるワークフロー/サラウンドミックスセミナー

15:30 PremiereとRX7,ドローンのノイズ軽減  
16:00  

Dolby ATMOS 最新インフォメーション&作業ワークフロー

16:30 Ozone8,Neutron2 Mixマスタリング  
17:00 RX7ポスプロ:サウンドデザイン編  

■ 11月15日 スケジュール

  iZotope デモコーナー Dolby ATMOS コーナー
10:30 Ozone8,Neutron2 Mixマスタリング  
11:00 PremiereとRX7,ドローンのノイズ軽減  
11:30 RX7ポスプロ:サウンドデザイン編  
11:30   The Cargo Cult サラウンド デモ
13:00 NECTAR3:ポスプロ編  
13:30 RX7 ポスプロ:エンジニア編  
14:00 RX7ポスプロ:サウンドデザイン編  
14:30 Ozone8,Neutron2 Mixマスタリング  
15:00 NECTAR3:ポスプロ編  
15:30 RX7 ポスプロ:エンジニア編  
16:00  

Dolby ATMOS 最新インフォメーション&作業ワークフロー

16:30 PremiereとRX7,ドローンのノイズ軽減  

■ 11月16日 スケジュール

  iZotope デモコーナー Dolby ATMOS コーナー
10:30 RX7ポスプロ:サウンドデザイン編  
11:00  

Dolby ATMOS ODS実作業におけるワークフロー/サラウンドミックスセミナー

11:30 Ozone8,Neutron2 Mixマスタリング  
12:30   The Cargo Cult サラウンド デモ
13:00 NECTAR3:ポスプロ編  
13:30 RX7 ポスプロ:エンジニア編  
14:00 RX7ポスプロ:サウンドデザイン編  
14:30 PremiereとRX7,ドローンのノイズ軽減  
15:00 NECTAR3:ポスプロ編  
15:30 RX7 ポスプロ:エンジニア編  
16:00  

Dolby ATMOS 最新インフォメーション&作業ワークフロー

16:30 Ozone8,Neutron2 Mixマスタリング  

Dolby ATMOS コーナー デモ内容

Dolby ATMOS ODS実作業におけるワークフロー/サラウンドミックスセミナー

9月27日に大盛況だったTACセミナーが蘇る!!
Dolby ATMOS対応スクリーンでODS配信、大好評となっている「劇場版 Linked Horizon Live Tour『進撃の軌跡』総員集結 凱旋公演」のミックス作業をおこなった(株)サウンドイ ンスタジオ 技術部長 レコーディングエンジニア 浜田 純伸氏をお招きし、ATMOSミック スのワークフロー、実体験談、テクニック等を含めたセミナーとなります。セミナーでは 現在劇場にてアンコール上映中と同じ実セッションを特別に利用、再生致します。

 

コンテンツ詳細情報はこちら
Linked Horizonのプロフィールはこちら


講師 : 浜田純伸氏|(株)サウンドインスタジオ 技術部長 レコーディングエンジニア

 

Dolby ATMOS 最新インフォメーション&作業ワークフロー

Dolby Japan 中山 尚幸氏による、Dolby ATMOSの基礎的なインフォメーションと同社の世界戦略や実際に作業を行う際のワークフローを丁寧にご紹介します。ATMOSにご興味がある方、商業的にATMOSを活用したいと考えている方々へお勧めいたします。同ブースに動態展示をしている最新のMacOS版 Dolby ATMOS HT-RMU Rendering and Mastering Software の詳細情報もご案内致します。

 

講師 : 中山尚幸氏|Dolby Japan 株式会社

 

 

講師紹介(外部講師 50音順)

Ozone8,Neutron2 Mixマスタリング


TASYSTEM

 

江夏 正晃氏 (株式会社マリモレコーズ)

音楽家、DJ、プロデューサー、エンジニア。エレクトロユニットFILTER KYODAIやXILICONのメンバーとして活動する一方、多くのアーティストのプロデュース、エンジニアなども手掛ける。また株式会社マリモレコーズの代表として、映画音楽、CM、TV番組のテーマ曲など、多方面の音楽制作も行う。ヘッドホンやシンセサイザーのプロデュースなども手掛け、関西学院大学の非常勤講師も勤める。著書に「DAWではじめる自宅マスタリング」(リットーミュージック)などがある。自他ともに認めるシンセサイザー好きで、ビンテージ、アナログシンセはもとより、最近はモジュラーシンセを使った制作、ライブなども積極的に行っている。

 

 

RX7 ポスプロ:エンジニア編


TACSYSTEM

 

染谷 和孝氏 (有限会社 ビー・ブルー 青山スタジオ)

サウンドデザイナー/リレコーディングミキサー
1963年東京生まれ。東京工学院専門学校卒業後、(株)ビクター青山スタジオ、(株)IMAGICA、(株)イメージスタジオ109、ソニーPCL株式会社を経て、2007年(株)ダイマジックのスタジオ設立に参加。2014年より有限会社 ビー・ブルーに所属を移し、サウンドデザイナー/リレコーディングミキサーとして活動中。
2006年よりAES(オーディオ・エンジニアリング・ソサエティー)「Audio for Games部門」のバイスチェアーを務める。また、2016年9月よりAES日本支部 教育理事を担当。

 

 

Dolby ATMOS ODS実作業におけるワークフロー/サラウンドミックスセミナー


浜田純伸氏(株式会社 サウンドインスタジオ)

1984年九州芸術工科大学(現、九州大学)芸術工学部音響設計学科卒業。専攻は空間音響。同年4月、株式会社にっかつスタジオセンター入社。主に映画音楽の録音にアシスタントとして参加。1985年作曲家 久石譲のもとで、株式会社ワンダーステーション設立に参加。以後、久石譲を始めとして、数多くのセッションに参加する。1996年“Kids Return”のメインテーマ曲録音において、日本プロ音楽録音賞受賞。1993年(社)日本音楽スタジオ協会理事を務めた後、日本ミキサー協会の設立に携わり、理事となる。2007年ワンダーステーションの売却に伴い、メモリーテック株式会社スタジオ事業部へ移籍。2012年ポニーキャニオンへのスタジオ売却のため、同社を退社。フリーとなる。ブッキングマネージメントは㈱クレイコーポレーションに委託。2014年7月株式会社サウンドインスタジオに所属、技術部長。現在、株式会社サウンドインスタジオ執行役員技術部長、日本ミキサー協会会員,日本音響学会会員,専門学校HAL東京 非常勤講師。

 

 

RX7ポスプロ:サウンドデザイン編


TACSYSTEM

 

牧瀬能彦氏

1994年株式会社アックス(元サウンズアート)に入社し、音響効果としてのキャリアをスタートさせる。その後、テレビドラマをメインに多くの作品に携わる。代表作品にTBSドラマ「渡る世間は鬼ばかり」があり、400本以上の「渡る世間は鬼ばかり」を担当し、その他多くの橋田壽賀子ドラマを「音」で支えている。そして現在はハリウッドに移住し、ハリウッドと日本を股に掛けた活動が開始された。国内外での活動も期待されるクリエイターである。


最近の作品TBSドラマ「渡る世間は鬼ばかり」2018年スペシャル

 

 

NECTAR3:ポスプロ編


TACSYSTEM

 

Geoff Manchester氏

ジェフ・マンチェスターは、iZotope社のプロダクトスペシャリスト・オンライン動画コンテンツ制作担当。映画やテレビ番組の作曲家でもあり、MAミキサー、エンジニアとしても活躍中。2016年のNY/LA映画祭でベストドキュメンタリー賞を受賞した「Marriage: Shattered Vows」の音楽を担当。また、若手作曲家に向けた教育コンテンツを制作するYoutubeチャンネル「Manchester Music」の運営も行っている。

 

 

The Cargo Cult サラウンド デモ


TACSYSTEM

 

Justin Webster氏

ジャスティン・ウェブスターは、The Cargo Cult社のCEOでありデザイナーです。
The Hobbit、Ready Player OneやTintinと言ったフィルムのサウンドエディターというキャリアを持つ傍ら、今日はポストプロダクションワークにとって重要なソフトウェアの開発を行っています。ニュージーランドにあるカーゴカルト社は現在Conformalizer、Spanner、Slapper、Stemcell、Envyといった5つの製品をリリースしています。