TAC INFORMATION TACオンラインストアはこちら

ニュース

PRODUCT2022年05月23日

【NTP Technology】 THUNDER | Core テクノロジー, CORE 256 、AX64 登場

 
 

THUNDER | COREとは?

Thunder|Coreテクノロジーは、高品位なDADオーディオ変換、柔軟なルーティング、コンピュータをダイレクトにリンクさせるソリューションです。
最大256ch接続可能なUSB-C/ThunderBolt 3を核とし、限りなくゼロに近いレイテンシーでWindowsやmacOSベースのコンピューターに接続、Dante、MADI、ADAT間のオーディオチャンネルのスムーズな伝送を可能にしました。

Thunder|Coreを使用すれば、ワークフローを大幅に効率化し、制作時間を飛躍的に短縮することができます。

 

 

Ch-Ch-Channels

 

Thunder|Coreでは、48 kHzで最大256の双方向チャンネル、88.2/96 kHzで256 ch、176.4/192 kHzで128 ch、352.8/384 kHzで64 chを処理することが可能です。

また、定評のあるDADmanコントロールソフトウェアにより、オーディオチャンネルのルーティングマトリックスを自在に設定することができます。

Apple Mac用のCore Audio Thunder|Coreドライバーは、IntelおよびSilicon(M1)CPUプロセッサーの使用を、最小32サンプルのバッファーサイズまで

サポートしています。

Windows 10コンピュータの場合は、同様のバッファサイズに対応していますが、Windows OSの構造上、実際の最小バッファサイズは128サンプルとなります。

 

 

 

 

Near-Zero Latency

Thunder|CoreインターフェースはThunderbolt 3/PCIeの接続・データ転送を高速に行い、接続時のレイテンシーは2サンプル、ユニット内ではEQやサミング処理も行うため、デジタルインターフェース時のレイテンシーは合計9サンプルとなります。

チャンネル数は48/96kHzで最大256ch、96kHzでのレイテンシーは95μsです。

オーディオアプリケーションとのトータルのレイテンシーは、アプリケーションに設定されたバッファサイズに依存します。バッファサイズが32サンプルの場合、96kHzでのレイテンシは670マイクロ秒となります。

 

 

 

Full and Flexible Control

Thunder|CoreはDADmanソフトウェアに対応しており、オーディオのルーティング、変換、ワークフローを

自在にコントロールすることができます。ルーティングマトリクスは4096×4096のオーディオチャンネルをサポートしています。

 

 

 

 

 

Functionality

Thunder|Core製品は、32bit浮動小数点演算をベースにした独自のルーターコアと、低レイテンシーで信頼性の高いFPGAベースのマトリクス構造で設計されています。タイムスタンプ機構により、コアを経由する全ての信号のレイテンシーを等しくしています。
 
Core 256は合計で4,096x4,096のノンブロッキングクロスポイントの能力を持ち、I/Oおよびプロセッシングレベルでは1,500x1,500のクロスポイントの能力を提供することが可能です。
 マトリクスはすべての入力を1つまたは複数の出力にわずか5サンプルの固定レイテンシでルーティングし,44.1~384 kHzのサンプルレートをサポートします.
 チャンネルプロセッサーは全入出力チャンネルの信号検出ロジック,PPMレベル測定,レベルコントロールの機能を備えています.
 さらに、64本のアウトプットバスと512本のインプットを持つサミング/ミキシングプロセッサーを搭載し、DADmanのモニターコントロール機能「Pro|Mon」でコントロールする入出力信号へ割り当てることが可能です。
 
SPQスピーカーのEQ管理はCoreでネイティブに利用でき、1,024個のフィルターを16個のフィルターで64チャンネルに結合し、それぞれディレイを調整することが可能です。
 
 

Key Specifications

  • Thunderbolt 3ポート×2、15W電源×1
  • 双方向256チャンネル:44.1/48 kHz
  • 256チャンネル:88.2/96 kHz
  • 128チャンネル:176.4/192 kHz
  • 64チャンネル:352.8/384kHz
 
 

Control Connection for DADman

  • Core Audio Thunder|Core Audio Driverに対応。
  • Intel、Apple Silicon(M1)プロセッサー、macOS Big Sur 以降に対応
  • より多くのアプリケーションでDadmanを利用を可能にするコアオーディオアグリゲートI/O接続
  • ASIO Thunder|Core Audio DriverはWindows 10以降に対応
  • 1つのアプリケーションでドライバに接続可能
  • DADman用コントロールコネクション
 
 
THE TINY DOLBY ATMOS® HERO  
Core 256

 

Core 256は小さなボディですが、この小型のマシンから引き出されるパワーは、あなたの想像を大きく上回ることでしょう。
膨大な数のチャンネル、豊富なデジタル信号入出力、内蔵のSPQプロセッサー、Euconコントロール、サミングエンジン、macOSおよびWindows 10用ドライバーを備えたこのデジタルオーディオインターフェースは、どんな用途にも使える最高水準の製品です。
その中でも特に注目すべきアプリケーションがあります。Core 256は、Dolby Atmos® RMUのための最高のDante/MADIインターフェイスにほかなりません。

 

Overview
 

  • 最大720ch入出力
  • デジタルオーディオルーターおよび
  • モニタリングインターフェース
  • Thunderbolt 3 I/O (256ch.)
  • Dante AoIP I/O(256 ch.)
  • MADI BNC I/O (64 ch.)
  • MADI SFP I/Oモジュールオプション(128ch.)
  • ADATデュアルTosLink I/O(16ch.)
  • 512x64 ch. Pro|Mon サミングおよびスピーカーEQプロセッサー

 

 

The Ultimate Digital Bridge

 Core 256はDolby Atmos®の強力な味方ですが、もちろんポストプロダクション、スタジオ、設備音響の分野で豊富なタスクを実現することができます。
Dante、MADI、ADATポートを搭載し、多機能で自由度の高いDADmanルーティングコントロールが可能で、あらゆるデジタルオーディオチャンネルを取り込み、必要に応じて変換し、どこにでもルーティングできる優れたD/Dコンバーターでもあります。
 もう一つの用途は、DAW 専用オーディオ・インターフェイスとして活用することでしょう。Pro Tools,Logic Pro,Nuendo,Cubase,Ableton Live,Digital PerformerなどのDAWをお使いの場合、Core 256は超低レイテンシーの入り口となります.
 
また、ADAT、MADI、Danteの接続性を備えているので、アナログプリアンプやインサートポイントを簡単に追加することができます。
 
 
 
 
 

19” Rack Mount Bracket

 

Core 256は、Apple Mac Miniコンピュータ用のシェルフとマウントシステムを備えた特別なDADブラケットを使用して19インチラックにマウントすることが可能で、これによって没入感のあるDolby Atmos®アプリケーションに最適な環境を実現します。

 

 

 

 Features

Core 256の基本的なI/O構成は以下の通りです。
 
  •  2つのThunderbolt 3ポート(各15W)
  • 双方向256チャンネル、48/96 kHz
  • ASIO / Core Audio Thunderbolt PCIe ドライバ
  • MADI/BNC-オプションで2 x SFP/BNC MADI
  • ADAT /ライトパイプ(16 ch.)
  • DANTE:256 ch. 48 kHz, 128 ch. 96 kHz, 64 ch. 192 kHz (IP Core)
  • WC I/O
  • SPQ:64ch.、16フィルタ
  • Pro|Mon対応
  • サミングプロセッサー 64出力/512入力バス
  • 内部ルーター 1500 x 1500
  • 32ビット浮動小数点演算処理
  • Avid Eucon対応デバイス(DADman経由
  • APPLE Silicon M1およびIntel互換ソフトウェア
  • EthernetまたはThunderbolt接続によるコントロール
  • 12V DC 外部電源(最大 60W)
  • ラックユニット1Uの高さ
 
さらに、ミニモジュールスロットには、オプションで光SFPまたはミニ同軸コネクタのデュアル双方向MADIモジュールを搭載することが可能です。
 
 

Key Specifications

  • Thunderbolt 3ポート×2、15W電源×1
  • 双方向256チャンネル:44.1/48 kHz
  • 256チャンネル:88.2/96 kHz
  • 128チャンネル:176.4/192 kHz
  • 64チャンネル:352.8/384kHz

 

Control Connection for DADman

  • Core Audio Thunder|Core Audio Driverに対応。
  • Intel、Apple Silicon(M1)プロセッサー、macOS Big Sur 以降に対応
  • より多くのアプリケーションでDadmanを利用を可能にするコアオーディオアグリゲートI/O接続
  • ASIO Thunder|Core Audio DriverはWindows 10以降に対応
  • 1つのアプリケーションでドライバに接続可能
  • DADman用コントロールコネクション

 

 
 
NEXT-GEN AD/DA/DD & AUDIO ROUTING
AX64
 

 

AX32、Pentaシリーズで好評のオーディオI/Oカード用スロットを8基搭載した汎用性の高いモジュール式マルチフォーマットオーディオインターフェースをご紹介します。

最大8枚のアナログカードを装着することができ、64のアナログ入力または出力オーディオチャンネルを、高い評価を得ているDADのハイエンドな音質で提供することができます。

膨大な数のチャンネル、豊富なデジタル信号入出力、内蔵のSPQプロセッサー、Euconコントロール、サミングエンジン、macOSおよびWindows 10用ドライバーを備えたこのデジタルオーディオインターフェースは、どんな用途にも使える最高水準の製品です。

つまり、AX64はポストプロダクション、スタジオ、ライブミュージック、設備音響の分野で幅広いタスクを引き受けることができる究極のモジュラーマルチフォーマットインターフェースなのです。

 

 

 

Overview

最大1,744入出力
マルチフォーマットオーディオコンバータ
ルータ、モニタリングインタフェース
Thunderbolt 3 I/O(256ch.)
Dante AoIP I/O(256ch.)
MADI I/O(64ch.)
ADAT I/O (16ch.)
オプションのI/Oカード用8スロット
512x64 Ch. Pro|Mon サミング及びスピーカEQプロセッサー
 
 
 
 
 

DAW Interfacing

Dante、MADI、ADATポートを搭載し、多機能で自由度の高いDADmanルーティングが可能で、あらゆるデジタルオーディオチャンネルを取り込み、必要に応じて変換し、どこにでもルーティングできる優れたA/D、D/A、D/Dコンバーターと言えるでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Features

  • 2つのThunderbolt 3ポート(各15W)
  • 双方向256チャンネル 48 & 96 kHz
  • ASIO / Core Audio Thunderbolt PCIeドライバ
  • MADI/BNC-オプション 2 x SFP/BNC MADI
  • ADAT /ライトパイプ(16 Ch.)
  • DANTE: 256 Ch. 48 kHz, 128 Ch. 96kHz, 64 Ch. 192 kHz (IP コア)
  • WC I/O - SPQ: 64 Ch.、16 フィルタ
  • Pro|Mon対応 - サミングプロセッサー 64出力/512入力バス
  • 内部ルーター 4096 x 4096
  • 32ビット浮動小数点演算
  • 8スロット(任意の拡張カードに対応
  • Avid Eucon対応デバイス DADman経由
  • Apple Silicon M1およびIntel互換ソフトウェア
  • EthernetまたはThunderbolt接続による制御
  • オプションで110/240VのデュアルAC電源接続が可
 
 
 
 

DAD Card Options

AX64にはオプションのI/Oカードを最大8枚まで装着することができます。ここではDAD AX32 および Penta 製品で使用可能なカードを紹介します。これらのカードは、AX64を含む製品間で完全に互換性があります。
 
ただし、今後AX64用に開発されるカードには下位互換性がありません。

 

 

 


現在利用可能なオプションカード:

  • 8 Analogue Inputs (Line Signal)
  • 8 Analogue Inputs (Mic Preamps)
  • 8 Analogue Outputs (Line Signal)
  • Dante Card (128 Ch.)
  • Dual MADI Card (2 x 64 Ch.)
  • AES Card (16 Ch.)
  • Dual MADI Module (2 x 64 Ch.)

 


関連ニュース