TAC INFORMATION TACオンラインストアはこちら

AURUS アウラス

  • メーカーブランド名Stage Tec
  • お問合せください。

AURUSは、多くのエンコーダーとボタンにより、非常に高速な動作を可能にします。

プロダクト紹介

StageTec_Aurus_01_Top

 

Clickで拡大します

 

Stage Tecの定評ある信頼性と優れたオーディオ品質により、あらゆるプロジェクトに簡単に対応できます。Stage Tecのフラッグシップコ ンソールは、Direct Accessの理念に沿っており、チャンネルストリップのすべてのオーディオパラメータに直接アクセスできる多くのコントロール機能を備えています。

 

StageTec_Aurus_02_fix

 

また、非常に密集したセンターセクションコントロールカセットにより、全ての重要な拡張機能に即座にアクセスできます。これにより、迅速で効率的な操作が可能になり、各プロダクションのどのような固有のワークフローにも対応できます。

Stage Tecのクラシックなフラッグシップコンソールは、ダイレクトアクセスの理念に沿っており、チャンネルストリップのすべ てのオーディオパラメータに直接アクセスできる多くのコントロール機能を備えています。

 

 

主な仕様

■ インターフェース

数量 NEXUSネットワークで自由に設定可能
マイクインプット 32-Bit TrueMatch, 158 dB (A) Dynamics
-20 to +60 Gain、Low-Cut, Phase、+48 V
ラインアウトプット 24-Bit, 131 dB (A)
マルチチャンネル MADI、Dante、AES67、Ravenna

 

■ 一般的な特徴

オーディオ処理 40ビット浮動小数点、最低レイテンシー、サンプル精度の加算、およびすべてのDSPチャネルでの均等なディレイの保証
A/B入力のインプットチャンネル 最大800個(設定されたバスに応じて)
チャンネル/パンフォーマット 1.0 , 2.0 , 3.1 , 4.0 , 5.0 , 5.1 , 7.1 , 5.1.4
パンAUXカップリング 対応
サムバス (Sum Buses) 128 (sum,group,track,aux,およびautomixバスで自由に配布可能)
VCAグループ 30
リンクグループ 16
ソロバス (Solo Buses) 1
PFLバス 1
モニタリング CR 1 , CR alt ( 1.0 , 2.0 , 3.1 , 4.0 , 5.0 , 5.1 , 7.1 , 5.1.4 ) , CR A , B , C , D (2.0)
ソロフォーマット Solo , Solo& , IPS
メータリング形式 7.1までのモノ
メーターポイント インプット、プリフェーダー、ポストフェーダー、チャンネルごとに設定可能
メータースタンダード デジタルITU、DIN PPM
トゥルーピーク(True Peak) すべてのインプットのチャンネル、グループ、サムでTrue Peak Meteringを利用可能
ゲインリダクションメーター チャンネルごとに2つのメーターを設定可能
フェーダーバーメーター 各フェーダーの横にあるシングルチャンネルのインプット / ゲインリダクション(COMP , LIM)
LUFSディスプレイ すべてのアウトプットチャンネルで、短期的、瞬間的、統合的

■ モジュールの処理

インプット 2つのインプットチャンネルの、切り替え可能、加算可能、各±60 dBゲイン、位相、M/Sデコーダ
ディレイ mc、cm、フレーム、各チャンネルで最大2.700msまでのサンプル
  EQ
ピークフィルタ 4フィルタ: ±24dB、20Hz...20,9kHz、0,5-9 Q
シェルビングフィルタ 2フィルタ: ±24dB、20Hz...20,9kHz、6/12/18/24dB/Oct.
ノッチフィルタ 2フィルタ: 20Hz...20,9kHz、0,5-9 Q
カットフィルタ ハイカット/ローカット、20-20,9kHz、6/12/18/24dB/Oct.
A/Bの入力チャンネル アタック0-316ms、プリディレイ0-10サンプル、リリース/ホールドタイム10.0ms-4.0s、レシオ1:1.0-リミッター、入力ゲイン0dB to +15dB、スレッショルド0dB to -40dB、出力ゲイン±24dB
ニューヨークコンプレッション 対応*
リミッター アタック0-316ms、プリディレイ0-10サンプル、リリースタイム10.0ms-4.0s、レシオ1:1.0-1:20、デプス0dB to -90dB、出力ゲイン±24dB
エキスパンダー/ゲート アタック0-316ms、プリディレイ0-10サンプル、リリースタイム10.0ms-4.0s、レシオ1:1.0-1:20、デプス0db to 90dB、スレッショルド0dB to -90dB、出力ゲイン±24dB
ディエッサー スレッショルド0dB〜-40dB; 20Hz...20,9kHz;0,5-9Q
A/Bメモリ機能 オーディオモジュールごとに2組のパラメータを格納します。(EQ、COMP、LIM、EXPGAT、DeES)
サイドチェーンフィルタ ±60dB入力ゲイン、ハイカット/ローカット、20Hz・・・20,9kHz、6/12/18/24dB/Oct.
サイドチェーンインプット 対応
サイドチェーン EXP、COM、LIM
インサート 対応
チャンネル構成 上記のモジュールの順序は、チャンネルごとに自由に設定できます。

■ オペレーション

オペレーションのコンセプト ダイレクトアクセス:ボタン、フェーダー、エンコーダー
セントラルチャンネル セントラルチャンネル、モニタリングセクション、シーンオートメーション、ダイナミックオートメーション
マルチユーザー操作 ダイレクトオペレーティングコンセプトにより、複数のユーザーがフレキシブルに作業をすることが可能
ダブルロータリエンコーダー 11
トータルロータリエンコーダー 22
エンコーダーごとの機能の使用 対応
スレーブ/パラレルコンソール 1つのスレーブコンソール
オーディオコアへの接続 Point-to-Point(光ファイバー)
レイヤー 8
スピル機能 ステレオ、リンクグループ、VCA接続チャンネルへの即時アクセス(スピル)
パラメータライブラリ

COMP、LIM、EXP、EQ、CHAN  、ラベル

N-1マトリックス 8x8 または 16x16
ダウンミックスモジュール 5.1 -> 2.0
バスでのオートダウンミックス 設定可能
ISOSTEM®︎ 5.1サラウンド信号に対応する完全リバーシブルのアップミックス/ダウンミックス*

■ オートミックス*

オートミキサーの数 8
ATMごとのチャンネル数 無制限
動作原理 主にゲインシェアリング

■ コントロール

マシンコントロール 同時に16台まで
フォーマット MIDI、シリアル、パラレル
内部GPIO 16のオプトカプラ入力、16の半導体リレー出力*
外部GPIO NEXUSシステムのすべての入出力への自由なアクセス
DAWコントロール OASISプロトコル、HUIプロトコル
メディアコントロール NEXUS Logic Controlとの完璧な統合
コントロールプロトコル RAS、NEXUSプロトコル
ラベルインターフェース 外部コントロールシステムのラベル実装

■ オートメーション

シーンオートメーション 対応
フルスナップショット 現在のコンソール設定が全て含まれます。
全てのファンクションスナップショット
自由に選択可能なファンクショングループ
INS、DEL、MET/DIR、TXT、ROUT、INP A-B、GAIN、LIM、COMP、EXP、FAD、MUTE、PAN、EQ/FILT、AUX、N-1、グループ(VCA/LINK、MUTE)
チャンネルファンクションスナップショット 上記のファンクショングループを選択したチャンネル
ファンクションスナップショット すべてのチャンネルで個別に選択したパラメータの任意の組み合わせ
スナップショットアップデート 対応
ファンクションの事前選択を保持 設定可能
スナップレイヤー シーンごとに個別のレイヤーが追加保存されます。
アイソレート(リコールセーフ) 個々のパラメーター(例えばピークフィルター)、ファンクショングループ、チャンネル
アイソレートリセット 1チャンネルまたはコンソール全体
アイソレートリコール 最後のアイソレートが再表示されます。
ファンクションの編集 削除、保存、ロード、次へ、移動
波形のスナップショットのオートメーション 対応*
コントロールキー タッチコントロールキー
アームレストのコントロールキー オプション
シーンオーサリング 対応
スナップショットの編集 保存したスナップショットを変更する
プレビューの編集 操作中に編集しても影響ありません。
スナップショットのオフセット スナップショットの相対パラメータの変更(継続時間:10ms(最大1000個のスナップショット))
すべてのスナップショット スナップショットの絶対パラメータの変更(継続時間:10ms(最大1000個のスナップショット))
MIDIコマンド MIDIコマンドの送受信、MIDI show control、MIDI 2.0
個々のフェードタイムとフェードカーブ シーン単位とチャンネル単位(T)
外部からのシーンの制御 MIDI、タイムコード
ダイナミックオートメーション 対応
ミックスツリー ミックスの異なるバージョンを作成する
マニュアルで記入 個々のパラメーターのターゲットを絞った記入
チャンネルに記入 チャンネルに記入
Glide機能 入力された値は以前の記録に適合されます
タッチレコード オペレータの介入による記入のみ
トリム 自由に選択可能なパラメータの相対的適合、フェーダーが書き込まれた値を再び反映します。
トリム-Fx 簡単な操作による相関的な調整、フェーダーの開始位置:0dBの位置
フィル機能 どのパラメータにも固定値を割り当てることができます。
相対範囲を指定すると、操作が簡単になります。
最初に入力 再生位置からミックスの開始位置までのスタティック値を設定します。
最後に入力 再生位置からミックス終了までのスタティック値を設定します。
マーカーのやり直し 後方の再生位置から「Set-in」マーカーまでのスタティック値を設定します。
マーカーに連続データを入力 再生位置からセットアウトマーカーまでのスタティック値を設定します。
マーカー間を埋める 「Set-in」マーカーと「Set-out」マーカー間のスタティック値を設定します。

■ システム情報

システム情報、アラーム、エラーメッセージ メイン画面のポップアップウィンドウ
ログ 自動、SNMP
*オプション
(T)=T-Version
ISOSTEM®︎はDSPECIALISTS社の商標登録です。

 

※仕様は予告なく変更される場合があります。

プロダクトリスト