TAC INFORMATION TACオンラインストアはこちら

EXBOX.MD イーエックスボックス エムディー

  • メーカーブランド名DirectOut Technologies

Dante / MADIコンバータ。
「Dante」をベースにしたAudio-over-IP to MADIコンバータ。MADIとDante間で64chオーディオを直接変換できます。

プロダクト紹介

DirectOut Technologies EXBOX.MD

Clickで拡大します。

 

EXBOX.MDはAudinateのオーディオネットワーキング技術「Dante」をベースにしたAudio-over-IP to MADIコンバータです。

3つのMADIポートと4つのネットワークポートを装備し、MADIとDanteの間で64のオーディオチャンネルを直接変換できます。

1Uの1/3サイズで(オプションラックでラックマウント可能)、ライブやOBバンなどに最適です。

最大32ストリーム(64ch)をサポート、AES67対応の最新のDanteファームウェアを搭載しています。
フロントパネルのLEDは、クロッキング、サンプルレート、デバイスの状態、電源の状態を一目で確認できます。

 

DirectOut Technologies EXBOX.MD

Clickで拡大します。

 

 

EXBOX.MDは、3つのMADIポートを搭載しています。

  • Optical SC マルチモード  (オプションでシングルモードに変更可能)
  • Coaxial(BNC)
  • SFP(SFPモジュールは別売)

 

内蔵スイッチ

4つのネットワークポートは、Dante Redundancy mode (Primary <> Secondary)での使用や、EXBOX.MDまたは他のDanteデバイスをスイッチモードで接続してチャンネル数を増やすことができます。

 

Dante Domain Managerにも対応

EXBOX.MDは、Audinateのリモートソフトウェア「Dante Controller」によって制御され、Dante Domain Managerにも対応しています。

 

※ MADIインターフェイスは、Opticalマルチモードが標準です。

※ Opticalシングルモードには、オプションにて変更可能です。

 

 

主な仕様

● インターフェイス

MADI ports (I/O) 1 x coaxial BNC, 75Ω
1 x optical SC-Socket マルチモード
1 x SFP (SFPモジュールは付属しません)
Network 3 x RJ45 Socket (1 Gbit/s)
1 x RJ45 Socket (1 Gbit/s, PoE)
Sample rates 44.1, 48, 88.2, 96, 176.4, 192 kHz (+/- 12,5%)
MADI formats 48k / 96k Frame, 56 / 64 channel, S/MUX

● Network Audio

Network-Layer 3
Number of streams 32
Number of channels (I/O) 64
Standard Dante, AES67

● Sync

Network IEEE 1588 v1

● Communication

Remote Software Dante Controller
Remote Methods Network

● Global

Power Supply ACアダプター (9 - 24V) 1個のみ付属, 1 x PoE
Dimensions 幅140 mm x 高42 mm x 奥行140 mm 1kg

※ オプションのキットBOX.MOUNT XL(EXBOX.MOUNT)を使用して、EXBOX.MDを標準19インチラックに取り付けることができます。1つのRU内に最大3つのEXBOXシリーズを連結できます。

関連記事

globcon と EXBOX.MD

 

EXBOX.MDをglobconから制御するには、最初に左の「▶︎  Virtual 」(→1) で、EXBOX.MDをホーム画面内に表示させ、実際のアドレスを指定して「P ULL」をクリックして、実際のディバイスからデータを持ってきます。(2 → 3→ 4(MDのIPアドレスを打ちます)→5 )

 

Webブラウザで行えることが、globcomでも可能です。

 

EARSの設定

 

 

 

EARSをONにすると、マトリクス/Routing は一時的に無効になります。

冗長性は、DANTEとMADI、Dante 1-32ch と DANTE 32ch-64chとなります。

 

 

Danteの冗長を目的とした場合、

Dante 1-32chをメインストリーム、33-64をバックアップとすることができます。

 

トリガー信号は、1FSの場合、メインは32ch、バックアップは64chです。

2FSの場合、チャンネルは半分になるため、16chと32ch、

4FSは、16chの提供となるため、トリガーは8chと16ch となります。

 

 

globcon について

> 詳しくはこちら

 

 

プロダクトリスト