Instant Flanger MKII インスタントフランジャーマークツー

  • メーカーブランド名Eventide
  • JAN4560263766946
  • オープンプライス

プロダクト紹介

既存Anthology XI、Anthology Xユーザー様(無償ダウンロードのご案内)

既存Anthology XI、Anthology Xユーザーは、下記のリンクから新しいインストーラーをダウンロードしてインストールすることで「Instant Franger MKII」を使用することが可能となります。インストールされるは旧Anthology XI、Anthology Xバージョンとのセッション互換性がありませんが、ダウンロードすることによって旧バージョンを上書きしたり置き換えたりすることはなく、旧バージョンを返却する必要もありません。

▶ 詳しい情報(メーカーサイト):Click here for Anthology XI
▶ 詳しい情報(メーカーサイト):Click here for Anthology X

 

 

 

クラシックなフランジングエフェクトをモダン・ミックス

Instant Flanger Mk IIは、ビンテージテープフランジングの素晴らしいサウンドを提供します。 1975年のオリジナルスタジオラックマウントの本格的なエミュレーションであるインスタントフランジャーは、デビッドボウイの「Ashes to Ashes」やシンディーローパーの「Time After Time」で使用され注目を浴びました。多くのエンジニアやプロデューサーがステレオスウィートニング、微妙なモジュレーション、ダブルトラッキング、極端なフランジングエフェクトなどに使用しています。 


 

擬似ステレオで周囲に音を広げる

フラットなモノラルのギターサウンドを巨大なステレオ・リードに変えたり、シングルチャンネルのシンセサイザー音を擬似ステレオ効果でミックスのサイドに分散することができます。 Instant Flanger Mk IIには、「浅い」、「深い」、「広い」の3つの異なる音響画像を作成するデュアル出力があります。 「Wide」モードと「Low Cut」コントロールを組み合わせると、リードの後ろに複数のハーモニーを簡単に付加できます。 「Depth」および「Feedback」コントロールを使用して、フランジ効果のレゾナンスを微調整できます。


 

真のエンド・ツー・エンド・エミュレーション

テープマシンはサーボモーターを使用して一定の速度で動作しますが、エンジニアがフランジを親指で押してから放すと、キャプスタンモーターのサーボが反応します-オーバーシュートとアンダーシュートを繰り返して適切な速度を回復しようとします。 つまり、「バウンス」します。 インスタントフランジャーは、革新的な「バウンス」コントロールノブでこの動作を説得力を持って模倣しました。 この機能を使用して、現実世界のグルーブをトラックに追加します。

 

 

 特徴

  • Depthは、エフェクトの強度を制御します。 深さは、エフェクトの強度を制御します。 100%は、遅延信号をドライ信号に追加します。 -100%は、遅延信号からドライ信号を減算します。
  • Shallow(浅い)、Deep(深い)、Wide(広い)の3つの異なるフランジング・モードスイッチ。
  • マニュアルでビッグノブを操作して「コム・フィルター」効果を制御できます。
  • オシレーターは、フランジング周波数を自由に設定できます。
  • 信号の振幅に基づいてエンベロープフォロワー制御が可能です。
  • Rimote Map(リモートマッピング)により、MIDI CCによってモジュレーションホイールを使ってフランジングコントロールが可能です。
  • Bounce(バウンス)は、かつてエンジニアが親指でテープリールフランジを触って効果を作ったときのテープマシンのキャプスタンモーターの動きをシミュレーションします。
  • Side Chain(サイドチェーン)により、ミックス内の任意のソースからエンベロープフォロワーをトリガーして、トラック間の同期をかけます。
  • Sync(シンク)とRetrig(リトリガー)によりオシレーターを曲にマッチさせることができます。
  • Low Cutコントロールを使用してフランジング信号から低周波数を除去することにより、効果を調整できます。
プロダクトリスト

ページトップへ戻る